ナンパでかわいい彼女げっちゅ→

ナンパで彼女をつくる日記。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハロー

最近全くブログ更新してませんが・・・

一応近況報告。


5月末に即った子を彼女化しました。
もちろんそのときの彼氏とは別れさせました。

最近は彼女と遊んでるため、ナンパはしてないです。

まだ本命にすると決めたわけではないですが、それなりに楽しいし満足しているため、しばらくは活動が激減しそうです。


これからはちょろちょろ活動していきます。
スポンサーサイト

| ひとりごと | 23:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運命石の扉の選択

今日転勤の発表がありますた。

そして・・・

あと一か月でホームを去りまふ。

みんなと別れるのさみしいっす。

| ひとりごと | 19:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脱ギャル男

最近清楚系な彼女がほしい。

もうギャルはいいや。

でも清楚系狙うなら、俺も清楚系にならないといけないのかな。


最近思うんだけどスジ盛りってあんまり女ウケしない気がしてきた。

でも髪切ってアンガールズみたいになったらやだな。

とりあえず髪は黒に戻そ。


| ひとりごと | 21:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲劇の跡

一昨日の話。

5月にカラオケ連れ出しした23歳フリーターから突然電話がかかってきました。

電話に出ると女は酔っぱらっていました。
どうやら友達と飲んでる最中らしかったです。

女「男ってなんなの?」
俺「どしたん?酔っぱらってんの?」
女「めっちゃ酔っぱらってる。」

この時は後に起こる事件の事なんか全然気づいてなかった。

そのあとはしばらく雑談して電話をきった。


そして2時間くらいしてまた電話が。

俺「どしたん?」
女「今終わった。」
俺「てかさっきの少し気になったんだけどさ、絶対男関係で何かあったんだよね?」
女「んーまあ。」
俺「やっぱり。何か話したいことがあるんでしょ?」
女「隠すの嫌だから正直に言うけどさ、私本当は彼氏いるんだ。」
俺「うん。何となく気づいてたよ。」
女「えっ?ホント?」
俺「うん。」
女「しかも一緒に住んでるんだ。」
俺「それも気づいてたよ。」

女は気まずそうにカミングアウトしてきたが、俺はなんとなく気づいていたので冷静に話を聞き続けた。

そして本題。

俺「で?」
女「彼氏に浮気されちゃったんだ。」
俺「うん。」
女「私昔キャバやってて彼氏がその時のボーイなんだけど、こないだかばんにラブホのレシートが入ってたの。」
俺「うん。」
女「アイツお店の女に手だしてたんだ。」
俺「うん。」
女「浮気は前からなんとなく気づいてたんだけど、現実を見せつけられるとツラいよね。」
俺「そうだね。」
女「私悔しいよ・・・。すごくつくしたのに。なのにアイツは・・・。」
俺「うん、すごく好きだったんだね。」
女「・・・。」

女は電話の向こうで泣き出しました。
そのあともずっとこの話をしながら泣き続けていました。

俺は何も関係がないのにすごく胸が苦しかったです。
浮気ってすごく相手を傷つけることなんだなと思いました。
俺もナンパをしててこんな風に女を傷つけていたのかなとも思いました。


しばらく話し、女が家に着いたからもう電話きるねと言いました。
風呂に入ってもう寝ると言っていました。
その言葉を聞き、俺は安心して電話をきりました。

今思えばなぜここで気づけなかったんだろう。


それから1時間後。

また女からメールが。

ケータイを見ると・・・

「やばい」

これだけしか書いてありませんでした。

また泣いてるのかなと思った俺はメールで返信。

「どうしたの?」

すると・・・

「カミソリで傷つけちゃった」

なんかやばいことになってると思った俺は急いで女に電話。
女は電話にでましたが、電話の向こうでずっと泣いていました。
そして手首を切っていました。

俺「大丈夫か?」
女「グスン。グスン。」
俺「血はもう止まってるの?」
女「うん。」
俺「なんでこんなことしちゃったんだよ。」
女「わかんない。私こういうタイプじゃないのに。」
俺「それだけ好きだったんだね。ショックだったんだよね。」
女「うん。」
俺「でもそんなバカな男のためにお前がこんなに苦しむ必要はないよ。お前は何も悪くないんだからさ。」
女「うん。」

そのあとも話したけど、こういう時何を話したらいいか分からず、女をひたすら慰めました。

しばらくすると女も泣きやんで普通に話せるように。

女がもう大丈夫だからと言うので、電話をきることに。
一応またリストカットしそうになったら俺に電話をするという約束だけして電話をきりました。

女は少ししたらまたかけるかもと言っていましたが、結局その日はもうかかってきませんでした。

次の日からはまた普通に生活しているようなので今はもう大丈夫みたいです。


俺が昔好きだった人や、元カノも失恋した時に手首をきったという話を聞いたことはありましたが、まさかリアルタイムでリストカットに遭遇するとは思いませんでした。

本気の恋愛をしたことがない俺には分からないけど、失恋や、浮気はそれだけの衝撃を与えるものなんでしょうね。

ナンパしてると、キャバ譲とか風俗嬢でたまにリストカット跡がある女がいるけど、俺はその女たちをリストカットなんてしてバカな女だと思っていました。

でもみんなこういう経験をしていたのかもしれません。
そう思うと、少し胸が苦しくなりました。

そして、好きな人ができたら、絶対浮気なんてしないし、大切にしたいと思いました。


| ひとりごと | 21:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本心

昨日はキープアポ。

相手は4月にゲットした20歳の風俗嬢です。
この子はカイデーなのでしばらくキープしていたのですが、昨日衝撃の事実を知ってしまいました。

とりあえず、家に呼んでパコる。

生がいいとか、中出ししてとか怖いことを普通に言ってくる。
セックスが大好きで、今の仕事も好きらしい。
セックスは毎日したいらしい。

ここでなんか気になったので女に質問してみた。

俺「そんなにセックス好きだったら絶対俺以外にもセフレいるでしょ?」
女「・・・。」
俺「怒んないから教えてw」
女「4人くらい。」
俺「てことは全部で5人!?」
女「うん。」

チャラいっす。
さすが風俗嬢w

なんかね、ここですげー冷めてしまった。
別に俺じゃなくてもいいじゃんとか思った。
男なら誰でもいいんじゃんって。

でも女から見た俺ってこんな感じなのかもと思った。
それがすごく嫌だった。

その後もう一回パコったけど、なんか違った。
心は満たされなかった。

そしてなぜかすごく本命候補の子に会いたくなった。
彼女の笑顔が見たくなった。

ただ心のむなしさを埋めたいだけなのか。

それとも・・・

| ひとりごと | 19:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。